読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

banana-rollcakes’s diary

30代主婦のブログだよ

モラ夫の記録(2017.4.16)

朝食を食べ、

何処かへ出掛けたかったモラ夫。

私は眠気に襲われ外出気分でも無かったので、

溜まっていた録画鑑賞。

出掛けたいモラ夫は娘を連れて駐車場に行ったり、

部屋に戻ってきては洗濯していた。

そんな中、

モラ夫は自分の寝室で娘に、

 

モラ夫:風が強いね。

    でも何処か出掛けようか?

 

何度も娘に聞いていた。

よく聞こえなかったが、

娘にコソコソ話をしていた。

パソコンでイベント情報など調べたり。

そしてモラ夫は、

モラ夫と私を行き来する娘に、

 

モラ夫:何処かに行こう!って、おかあさんに言ってきた?

 

モラ夫は

話しが出来る娘を使って出掛けようとしていた。

このまま一緒に居ると、

娘がマインドコントロールされる危機感を持った。

 

そうこうしているうちに正午になった。

いつもなら娘に「ごはんできたよ!」と声を掛けると、

モラ夫もついて来るのだが、

出掛けられなかったのが面白くなかったのだろう。

ふて寝して来なかった。

モラ夫の分も作り、

モラ夫を起こしに行くのが面倒だった私は台所から、

 

 私 :○○さん(モラ夫の名前)お昼ごはん食べる?

 

と大きな声で聞いたら小声で返事が返ってきた。

が、

リビングに来たら、

 

モラ夫:でっかい声でビックリした!

    直らないんだな、その声。

 

席に着いて、

テレビをつけようとするモラ夫を私は注意。

※娘が食事に集中するように、食べるときは消している。

 

モラ夫:どうせ(昼食)作ってないんだろ?

 

何もかもが面白くない(思い通りにいかない)モラ夫。

怒りのはけ口を探す。

娘にも夫婦間のことを話しかけ始める。

私はそれを注意すると同時に、

娘に虐待まがいのことをやっていること、

虐待まがいの行動を市に通報すると警告。

激怒したモラ夫と掴み合いになるも、

モラ夫は何処かへ外出。

モラ夫が出掛けている間に、

私は娘を連れて実家へ戻ってきた。

 

モラ夫と掴み合いの場面を娘は見ていたようで、

後で、

 

 娘 :おとうさん、引っ張られてた。

 私 :引っ張られてた?誰に?

 娘 :おかあさんに。

 

そう。

確かに私は引っ張った。

でもそれは、

娘を守るためであるってこと・・・

わかんないよね。

 

実家までの帰り道。

涙を流しながら運転した。

 

 


にほんブログ村