読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

banana-rollcakes’s diary

30代主婦のブログだよ

モラ夫の記録(2017.5.3)

 

娘を実母にお願いして、

私は1人、モラ夫が暮らすアパートに行ってきた。

 

到着すると、

モラ夫は車でどこかに出掛けていたので、

部屋に入って待っていた。

私と娘が使っていた布団はそのままだったけど、

部屋のレイアウトが自分の使いやすいように変わっていた。

 

モラ夫:ただいま

 

入ってきて辺りを見回す。

しばらくして、

 

 私 :おかえり

モラ夫:○○(娘の名前)は?

 私 :・・・いないよ。

モラ夫:○○(娘の名前)はどこに行った?

 私 :行かないっていうから、1人できた。

    どこ行く?

モラ夫:○○(娘の名前)は?

 私 :だから行かないっていうから、1人できた。

モラ夫:どこ行く、って?

 私 :メールで「どこか行きましょう」っていうから来たでしょ!

 

モラ夫が状況を把握するのに必死なのが伝わってきた。

 

モラ夫:○○(娘の名前)が来ると思って・・・

 私 :私が相手なら不満なの?

モラ夫:そういう訳じゃないけど・・・

 私 :じゃあ、行こう!どこ行く?

モラ夫:どこ行く、って・・・

    来ないなら、ボートの船外機を直そうと思っていた。

 私 :じゃあ、行こう!

 

と言うことで、

弁当とジュースを買って、

十和田湖に置いているボートの船外機を直しに行った。

道中、

モラ夫は他愛も無い話や、

連れ子の進路の報告をしてきた。

 

 

f:id:banana-rollcakes:20170503222527j:plain

お弁当を食べてから直していたけど、

準備不足で早々、退散。

 

アパートに戻り、

帰ろうとしたら、

モラ夫に羽交い絞めにされ夫婦生活(想定内)

終えて帰ってきた。

 

 

出掛ける前のモラ夫は、

モラハラオーラがプンプンしていたが、

車に乗ったあたりから様子は一変。

私の中に交際中の感覚がよみがえってきた。

 

 


にほんブログ村