読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

banana-rollcakes’s diary

30代主婦のブログだよ

ひと悶着!モラ夫の記録(2017.3.18)

2017.3.18

 

モラ夫の運転で

私の実家に立ち寄った後。

モラ夫:お昼ごはんは弁当を買って(モラ夫の)実家で食べよう

と言い出す。

 私 :えっ?

モラ夫は、

2階のモラ夫の部屋で食べようと提案してきたが、

私は、

・モラ夫の実家は汚いから行きたくない。

・義母の顔を見たくない。

・彼岸なので仏壇に線香を上げるけれど、終わったら車に戻る。

と意思表示。

弁当屋の駐車場でモラ夫と口論になった。

 

この時点でモラ夫の頭の中はヒートアップ(パニックしていたかも)

モラ夫が働く会社が6月に統合する為、

「6月から(モラ夫の)同居するぞ!」

と新しい情報が飛び出してきた。

同居の話が出てきたら、

離婚届提出予定だった私は、

 私 :同居するつもりはない!他人同士住む必要ないでしょ?

離婚届は白紙になったと思っていたモラ夫。

「離婚届を振りかざして!」

というニュアンスの反論をしてきた。

 

話の噛み合わない、

答えの出ない口論をしてもムダなので、

弁当は止めて、回転寿司へ移動。

 

今回の口論で、

私も言いたいことを言った。

それに対し、

モラ夫:

「(モラ夫の)実家が嫌なら、アパート借りるか?

 と言っても、アパートを借りる金は無いから、働け」

「まだ離婚届出していないのか?」

「(私の)お母さんは何て言ってる?」

「新しい相手探したら?」

「(娘と)2人で暮らせ」

など。

私を悪人扱いしたり、追い詰める発言があった。

 

中でも、

私が義母とは、やり方・考え方が合わないから、

同じ屋根の下で暮らすことはストレスになる。

と同居反対理由を伝えると、

「これから(モラ夫の)実家に行くから、直接、(義母に)言え!」

と強く言ってきたが、

実家に立ち寄ることは無かった。

 

モラ夫の言動・行動は想定内であるのに、

熱くなり発言し過ぎたことを反省。。。

 

 


にほんブログ村