banana-rollcakes’s diary

30代主婦のブログだよ

私のどうしようもない性格

有給消化中のモラ夫の最後の給料は、

あれこれ税金が引かれ、

普段の5分の1程度になりました。

 

モラ夫が待遇のいい会社を辞めたことは、

経済的にとても痛いです。

でも、

あの大きな組織の中でモラ夫は続かないことは

最初から予想がついていました。

モラ夫が組織に属するストレスから解消されたことは、

陰ながら良かったと思っています。

 

もう、

ストレスの発散で八つ当たりされたり、無視される日々は

来ない(はず)。

私も当時とは考え方が変わりましたから。

 

でも今になって、

私がもう少し上手に

モラ夫のストレスを息抜きさせてあげていたら・・・

そう責める自分もいます。

言葉にはしませんが。

私のどうしようもない性格です。 

 

 


にほんブログ村

 

モラ夫の実家へ行かない理由

モラ夫が家に来て、

娘と遊んだとき。 

 

娘は本を持ってモラ夫のところへ。

 

 娘 :ピ、ノ、キ、オ。

 

モラ夫:読めるんだ!

    じゃぁ、これは?

 

 娘 :・・・

 

モラ夫:これは?

 

 娘 :@×★&◎・・・

 

モラ夫:なんだ、読めないの?

 

 

娘は暗記していることを言葉にしただけ。

娘はまだ2歳半。

読めません。

 

 

 

このとき私は、

似たような場面を思い出した。

 

 

モラ夫の実家を訪れた時。

当時娘は0歳。

娘は義母の

「目は?」の質問に、

目を触って回答。

「鼻は?」「耳は?」にも回答していた。

そんな中、

 

義母:頭は?

 

娘は答えられなかった。

 

義母:まだ分からないの?

 

 

親子揃って、

似たような返事。

子供の年齢による成長を理解していないのか、

モラハラ人間だから)出来ないのか。

子供が出来たことへの喜びより、

頭(成績)にしか目を向けられない方々。

付き合いたくありません。

話もしたくありません。

 

モラ夫の実家へ行かない理由は、

こんなところにもあります。

 

 


にほんブログ村

 

モラ夫の記録(2017.10.15)

昨日(2017.10.15)の午後。

モラ夫からメール。

 

モラ夫:忙しいですか?

    ○○(娘の名前)に会ってないです。

    元気にしていますか?

    時々会いたいと思いますが

    ずっと会ってないです

    忘れられそう、、、、、

    って思った

 

 私 :じゃぁ、3時過ぎに来て。

    ○○(娘の名前)は鼻水が酷くて、外出できない。

 

モラ夫:わかりました。

 

 

ということで

1ヵ月ぶりに娘とモラ夫が遊んだ。

 

 

私も含め皆、同じ部屋にいた。

私はテレビやスマホを操作。

娘とモラ夫は工作していた。

 

モラ夫:のりかテープがあるといいなぁ。

 

2歳の娘に言ってるの!?

それとも私に言ってるの!?

「テープある?」と直接私に言えば出すけれど、

私の方を見ている訳でもない、

言っている様子でもなかったから

私は無反応。

この手の遠回りな言い回しは以前にも注意している。

「直接、私に言って」と。

でも直らない。

 

 

この日。

私の母が不在だったので、

一緒に夕飯を食べようと声を掛けた。

 

 私 :ご飯、食べて行くか? 

 

モラ夫:う~ん、、、いい(要らない)。

 

 私 :今日は○○(母の名前)が居ないから、

    私が作るから。

    食べてく?

 

モラ夫:う~ん、、、いい。帰って食べる。

 

「いい(要らない)」と言いながら、

表情(目の動き)は迷っていた。

ホント素直じゃない。

 

 

 

私は1人、台所でご飯支度。

モラ夫はテレビで流れていたタバコについて、

娘に説明していた。

 

モラ夫:タバコ吸うと死ぬんだよ。

    タバコ吸わないようにしているけど、難しいんだよ。

 

「陰で吸ってんのかよ!」

と思いつつも、

問い詰める気にならなかった私。

モラ夫への関心の薄さの表れかも。

 

 

結局3時間くらい遊んで、

最後の方は娘に少しイライラしている様子だった。

 

 


にほんブログ村

 

モラ夫の記録(2017.10.14)

昨日、

モラ夫から届いたメール。

 

モラ夫:おはようございます

    退職して心配おかけしています

    事務手続きで会社の説明聞きました。

    結構税金分で引かれるようです。

    焦る気持ち半分ですが、

    次の仕事の予定を立てたいと思います。

    今週の予定は忙しいですか?

    また会いたいです。

 

モラ夫が

これから先のことについて話すものだと思って、

会うことを承諾、

さっき会ってきたのだが、

やること(夫婦生活)やって終わりだった。。。

 

勝手に解釈した私がバカだった。

 

私の貴重な時間を

モラ夫に使ってしまった。

 

 


にほんブログ村

 

モラ夫、スピード違反で捕まる

昨日、モラ夫からのメール。

 

モラ夫:今日は最悪。

    スピード違反でまた捕まってしまいました

 

    ガッカリ

 

 

いちいち報告することか?

ってことで、

このメールに私は返信していない。

 

 

 

スピード違反と言えば、

 

 

 

私がペーパードライバー返上したての頃(2年前)

ドライブと運転練習を兼ねて、

モラ夫の指示で私は久慈へ車を走らせた。

帰りはモラ夫が運転。

車の前を大型ダンプが制限速度(それ以下だったかも)を守り走っていた。

大型ダンプが別の道へと曲がり、

前に車が1台も居なくなったところで

モラ夫は思いっきりアクセルを踏んで走行。

すると、

今まで聞いたことの無い音がオービスから流れた。

 

 

モラ夫はスピード違反で捕まった。

切符を切られた後、

 

モラ夫:目の前を走っていたトラックが居なくなったから

    こんなことになったんだ!!

 

見事な責任転嫁。

私は返す言葉も見つからず無言。

後日、

モラ夫は仕事が忙しいということで、

私が娘を連れて罰金を払ってきた。

 

 


にほんブログ村

 

モラ夫の見え透いた嘘

モラ夫と一緒にアパート暮らしをしていた頃。

娘はまだ0歳の頃。

 

モラ夫は毎朝、シャワーを浴びてから出勤していた。

シャワーを浴びるのは結構だけど、

髪の毛が残っているのはもちろん、

毛染めの染料をアチコチに付けたままにしていることも多く、

育児で手一杯で、

家事まで手が回らなかった私は爆発した。

 

「染料が落ちない」

「(染料が)付いたらすぐに落として」

「毎朝、お風呂掃除やってられないから、キレイに使って」

 

そんなニュアンスのことを言った記憶がある。

それに対し、

 

モラ夫:出勤前にシャワーを浴びてからくる決まりがある!

 

今思えば、

モラ夫のその場しのぎの嘘があまりに子供レベル。

会話が噛み合わない。

その時の私は、

モラ夫のマインドコントロールにどっぷり浸かっていたから、

モラ夫の言葉をまともに信じた。

 

 

モラ夫のシャワーが終わって、

娘が起きる前に私はお風呂掃除。

掃除を終えたところで

出勤前のモラ夫に夫婦生活を迫られることも多々あった。

 

地獄の日々だった。

 

 


にほんブログ村

 

幼稚園選びに奔走中

できれば家から近くて、

いっぱい走れる園庭があって、

できれば私が通った系列の幼稚園が良くて、

園内の雰囲気が良くて、

早生まれの娘も楽しく過ごせる幼稚園が良くて。

モラ夫が卒園した幼稚園はパス!

モラ夫が卒業した学校系列の幼稚園もパス!

 

そんな幼稚園を探しに奔走していたら、

私の子育ての考えが まとまってきた。

 

目まぐるしい未来を生きる娘に、

義母が求める、

詰め込みの昭和の教育 or 学歴は必要ない。

義母やモラ夫の横槍を防ぐ為、

モラ夫には事後報告で済ませる。

 

 


にほんブログ村

 

広告を非表示にする