読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

banana-rollcakes’s diary

30代主婦のブログだよ

モラ夫の記録(2017.4.22)

モラ夫の記録

通帳の記帳したところ、

モラ夫が30万円を何処かへ振り替えていたことが判明。

夕方、

娘を八戸市内の未就園児教室に通わせる報告と、

30万円の行方をメールで問い合わせたところ、

連れ子の学校の入学金の一部と返事が来た。

聞かなければ答えないところに腹が立つ。

 

今日は仕事が休みだったはずだけど、

モラ夫から連絡は来なかった。

先週私に「虐待まがい」と言われ、

娘を連れて(勝手に)実家に帰った私に

連絡する必要などないか。

 

 


にほんブログ村

うちのパン職人(2017.4.22)

うちのパン職人

妹がパンを作ってきたよ♪

 

<アップルシナモンロール

f:id:banana-rollcakes:20170422143956j:plain

 

<塩パン>

f:id:banana-rollcakes:20170422144025j:plain

 

<ミルクフランス>

f:id:banana-rollcakes:20170422144051j:plain

 

 


にほんブログ村

モラ夫から連絡は来なかった。

モラ夫の記録

私の誕生日の日。

モラ夫からお祝いのメールは来なかった。

期待していた、心のどこかで。

でも来なかった。

夫婦生活の最中のモラ夫の

「愛している」「好きだ」の言葉に意味が無かったことが

これで理解できた。

 

モラ夫からのモラハラ被害にあってから、

私は我慢し、自分を見直し、

一生懸命に壊れた夫婦関係を修復しようと努力してきた。

あーすれば良かった、

私の我慢が足りなかったなどの悔いは一つもない、

と言い切れるほど関係修復に努めてきた。

もう昔のような愛情は無くなってしまったとは言え、

それでも昔のモラ夫に戻って欲しい気持ちが

私の中にまだ残っている。

モラ夫が昔のように戻るなら、

(娘を預けて)昔のように二人で遠くにドライブに行こう、

ホテルに泊まろう、

釣りに出掛けよう、

とさえ考える。

モラ夫と楽しく過ごした10年という時間があまりに長くて、

愛情は無くなっても、“情”が移ってしまったというか。

 

本当は、

誕生日に連絡が来なくてすごく淋しかった。

夜、布団の中で泣き疲れて眠った。

 

 


にほんブログ村

昨日、30代半ばを過ぎました

きょうの日記

私が、

自身の★回目の誕生日に作ったケーキはコレ!

 

 

 

 

 

 

 <さつまいもプリンのケーキ>

f:id:banana-rollcakes:20170421145208j:plain

 

 


にほんブログ村

気持ちが進まない日

きょうの日記

とても明るく前向きな日もあれば、

気分が沈み、誰にも会いたくないほど消極的な日もある。

 

今日は楽しいけれど、考えは後ろ向きな日で、

実家暮らしを進めるため情報を集めているが

気持ちが進まない。

その上、

涙が出てくる。

どこから流れてくる涙なのか

わからない。

 

誰かに背中を押して欲しい。

 

 


にほんブログ村

モラ夫から受けるストレス

モラ夫の記録

モラ夫から受ける強いストレスから

私は夜寝ている間、

爪を噛んでいるらしく、

トイレに起きた時、

指先の痛みに気付く。

大人になってから爪を噛むことは無くなっていたんだけれど。

ボロボロになった爪を見て、

モラ夫と会話をしても、しなくても、

一緒に居るだけで

強いストレスを受けていたことに気付く。

 

 


にほんブログ村

交際中、モラハラを見抜けなかった

モラ夫の記録

今思えば、

モラハラ要素はあった。

が、

当時の私は、

モラハラという言葉すら知らなかったから、

わからなかった。

 

モラ夫と私は年齢がひと回りちょっと離れている。

また、

元々、モラ夫と私は経営者と労働者の関係だったので、

主従関係のまま過ごしてきた。

その間、

小さな喧嘩、大喧嘩をしてきたけれど、

99%優しくて、年上が故に頼れる人だったから、

嫌いな部分(1%)は自己反省し、

受け入れ難い部分は目をつぶって済ませてきた。

 

娘を出産直後、

義母は「モラ夫と一緒に居るとストレスが溜まる」と話した。

モラ夫は子供(連れ子)の学費を半分程度しか入れていないことを聞いた。

※足りない部分は義両親が出している。

義姉から、

モラ夫の子供(連れ子)が自分のことを「ネグレクト」と話していたと聞いた。

モラ夫が実家で暴言・自己中な態度が当たり前だって知ったのは、

娘が1才を過ぎてから。

 

 

結婚・出産前に、

モラ夫としっかり話し合うべき!と思うかもしれないが、

話し合いをしようものなら不機嫌になってしまうから

出来なかった。

 

最近、

モラ夫と遊び呆けて、

本性を見抜けなかった自分を責めてしまう。

 

 


にほんブログ村